予防接種とその代償。

 

最近、ジメッとした暑さがあるバルセロナ。

カラッとしてるからいいのであって湿気があるのは困る〜〜💦

ただでさえ汗っかきなのに真夏の妊婦はしんどいです笑

 

さて、昨日は予防接種をしに公立病院に行って来ました。

私立病院でもプラス料金で予防接種はしてもらえるっぽいけど、公立病院は負担0なので。

なんの予防接種かというと、3種混合のワクチンです。

日本では、妊婦さんがするより、出産後赤ちゃんにするのが一般的?

妊婦がするイメージなかったんですがヨーロッパでは妊婦が妊娠中に予防接種するそう。

妊娠中に受けていれば生まれたての時期から予防することができるらしい。

ヨーロッパは産後すぐに外出できるのもこういう予防があってなのかな?と。

主には外に出して免疫力をつけていく🔥!ビタミンD🌞を積極的に浴びよう!

などの考えが強いんですが、予防接種してるからできることでもあるのかなー?なんて。

 

そんなわけで注射しに行ったんだけどもまぁ、刺し方がザツ!

すごい奥まで刺しこまれたし、翌日の今も痛い・・・

ただでさえ横向きにしか寝れないというのに、昨日は注射を打った腕を下向きにして寝ることなんか痛くてできず、1パターンの寝相で辛いのなんのって二次被害!!笑

なんでそんなぶっきらぼうな刺し方になったかって経緯があるんだけどね。。

 

私立病院で受けてるならもちろん公立病院に私のデータがあるわけもなく、本当は診てもらっている先生に書類を書いてもらってそれを公立病院に注射するとき提出しないといけないんだって。

その書類を私たちは先生からもらってないし、必要なことももちろん知らず。(だって妊娠中に公立病院にお世話になるの今回が初めて笑)

確かに、冷静に考えれば妊娠記録が必要だったのかもしれない。でも初産でそこまで気が回るか??笑

先生が言ったことが全てだと思うでしょ(言うことやること適当にしがちなスペイン人相手でもさ笑)

書類がないことを先生が散々私たちに文句を言う言うw

文句言うならもう書類もらいなおして予約しなおしてまた来るよ!って思ったんだけど、なんだかんだ注射はしてもらえることに。

そんなこんなでイライラしている先生による注射だったわけで、そりゃ痛いよね笑

彼も横で見てたらしいけど、かなりザツに奥まで刺されてて痛そうだったと😅

 

気持ち切り替えられんかねーーー。笑

ちなみに女医さんでしたwうーん、納得できるこの対応。

女性脳、男性脳の違いというか・・・(何を語りだすんだw)

これ男性のお医者さんだったらここまでグチグチ言われなかった気がするのよね。

言ったところでの話だし。もちろん最初はないとできないよ!とはもちろん言われるけど散々言わないであろう。

それともあれかな?今日の予約入ってなかったら私オフだったのに!💢

みたいなパターンもあるかな?wちょうどバケーション時期だしね。

 

とにかくすごーい痛くて未だに痛くて、注射嫌いな私はスペインで注射するのはニガテになる一方w

おそらくもう妊娠中に注射を打つことはなさそう。

 

 

***

最近妊婦ネタしかないけれど、書き終えずに溜まってる下書きがすごいあります笑

もういまさら更新するの??っていうレベルのまで下書きに眠っている。

少しづつそれも書き終えて載せるようにしよう。笑

マドリードやバレンシアに行った時のブログすら更新してないww

もうどれも去年、一昨年の話。笑

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中